<< 2018 スキー&スノーボード大会 | main | 平昌オリンピック >>
寒くても頑張ってます
0

     

    まずは和歌山のレース、後藤さんのレポートです。

     

    2月11日〜12日の二日間、ナショナルトレーニングセンター

    (和歌山セーリングセンター)において、第31回和歌山コールド

    カップが開催されました。

     

    HSSからは、ユウキ、スズ、シンタロウ、ウララの

    Aクラス4名が参加しました。

     

    レースは二日間ともに、良い風と波に恵まれ、Aクラスは

    全7レースを消化。Bクラスは強風のため、1レースのみ実施。

    レーザークラスは6レースが実施されました。

     

    低気圧通過による季節風は、概ね14〜16ノット、ブローで

    20〜25ノット吹き、波も両日共に2.5〜3.0mの波高アセアセ

    起こせ!ブローだ.jpg

     

    早朝からミゾレ交じりの寒風が吹きつける中、広島では

    滅多に体験できないスリリングな海上コンディションに

    選手たちも熱く燃えていました火

    ウララ.jpg

     

    強風のため、第1第2レース目は、出艇を延期した選手もいました。

    しかし、第3レースからはAクラス全員がスタートラインにつき

    ハイクアウトとサーフィングの熱いレースが展開されましたピース

    シンタロウ.jpg

     

    海上の親父たちにとっても、ハードなコンディション

    (寒すぎて鼻水たらしても気になりません・・・)

    ユウキ.jpg

     

    着艇後、みんなで行った温泉が凍えた体を癒してくれました

    (和歌山の古代のお湯、なかなかナイスでした♪)

     

    我がHSSチーム。スピード良いスタートや安定したボート

    スピードでのセーリング、風のシフトやブローを掴むコース

    取りなど、練習の成果が様々な場面で発揮され、力がついてきた

    ことを選手自身が実感できたのではないでしょうか太陽

    スズ かっとんでいく.jpg

     

    二日間のレースで、またぐっと成長することができたとても

    有意義な大会となりましたonpu03

     

    成績。シンタロー3位おめでとうき

    シンタロウ3位表彰.jpg

     

    スズ11位、ユウキ17位、ウララ21位でした(Aクラス参加31艇中)

     

    レスキューボートのシェアはじめ、今回の遠征では

    B&G高松海洋クラブの谷さん旭さん中山さんには

    たいへんお世話になりました。ありがとうございました。

     

    主催・運営してくださった和歌山県セーリング連盟の皆様

    選手目線の素晴らしい運営、ありがとうございましたエクステンション

    集合写真.jpg

     

     

    続いては前田さんのレポートです。

     

    2月10〜12日、江の島にてレーザーミッドウィンターレガッタが

    行われました。

    今回、4.7クラスは6月末ジャカルタで開催されるアジア選手権の

    出場枠がかかっており、いつもよりたくさんのユース選手のエントリーが

    ありました。広島からはカイヨウが参加

     

    1日目午前は風がなく穏やかな天気でしたが、午後になると平均8〜9mの風

    大きな波が出てきます。

    江の島は独特のうねりがあり、慣れていない選手はその対処に苦戦します。

     

    1レース目、スタート直後よりライバル選手を徹底的にマークしながら走ります。

    直前の公示で2001〜2002年生まれに対象が絞られたこともあり、

    ライバルも絞られた中で男女各1枠を巡って熾烈な戦いが繰り広げられます。

    初日終わりには、 男子はカイヨウ、ショウタロウ(江ノ島)、女子はリサ(芦屋)

    エミコ(柳が崎)の戦いとなります。

     

    2日目朝は前日の波が残っており、風がまったくないのに大きな波がうねっている

    という広島では見られないコンディションでした。

     

    昼前に風が入りだし出艇しましたが、午後には平均11m、ブローで17mになりました。

    波が防波堤に当たって砕け散り、海面はまるで葛飾北斎の絵のようアセアセ

    IMG_0464.jpg

     

    今回のレースは実力の差がはっきりしており、上位5艇の争いでした。

    互いがライバルをけん制し合う中、3、4レースもカイヨウが相手を押さえます。

     

    その日の夜は、レースを忘れて楽しいレセプション♪

    ローストビーフにフルーツサラダポトフに豪華なオードブル…

    おいしくて贅沢なお料理が並び、お腹がいっぱいに

    なったところでゲーム大会〜大人も子どもも楽しいひと時でしたonpu03

     

    3日目は朝から平均13mを超え、マストを立てるのも躊躇するほどでしたが

    ほどなくレース中止が決定、安全講習会が行われました。

     

    普段、穏やかな瀬戸内海で練習していると忘れそうになりますが

    救助艇の役割や数、救助の仕方などとても重要だと改めて感じました。

     

    カイヨウ.....総合2位き

    ライバルをマークしている間に、他の選手に抜かれたことは残念でしたが

    アジア選手権出場は叶えました。

    IMG_0466.jpg

     

    今回のレースでは、江ノ島フリートの方がすべての船台をセールナンバー順に

    並べ直してくださり、帰着した選手がスムーズに艇を上げることができました。

    桟橋でセールナンバーを読む方、船台を探す方、艇を引く方など皆さん

    本当にありがとうございましたエクステンション

     

     

    続いては吉川さんのレポートです。

     

    211日の沖ノ島クラブレースに参加してきました。

    観音からは約2時間の回航です。

    6:30に観音マリーナに集合して出港です。

     

    J 24 Teamは久しぶりのセーリングなので

    まだ薄暗い中での出向だったのですが、めっちゃ寒くても

    テンションあげあげです矢印上

     

    小さくて 見えにくいですが 色んな船とすれ違います。 

     

     

     

    レース海上に到着するとコース図の確認です。 

      

    レースは北西の風15ノットエクステンション

    3人では少し手が足りない感じです。 

     

     

    レースは30分もかからず終了したので お楽しみの牡蠣パーテイ

    に参加です。 

     

    やっぱり冬はこの味が最高〜 ♪

     

    牡蠣マスター宮西さん監修の 牡蠣のアヒージョが

    これまたタマランのです。本当に美味かった料理

     

    2時間かけて回航したので帰りももちろん回航ですが

    雪混じりの西風 爆弾ブロー ブロー ブローです。

    J24は スプレーも結構かかるので 

    気分は Volvo Oceanです。 

     

    宮島あたりから少し風も落ち着いてきたので

    気持ちよく Sailingで 観音マリーナ 無事帰港です。 

     

    次回は 年間Point Raceへの参加です。

    運営もレースも今年もEnjoyですonpu03

     

     

    ♪今後の予定♪ 

      3月3,4日    アーリースプリングレガッタ(江ノ島)

      3月21〜25日   OP2次選考会(別府)

      4月7日       お花見(案)

      4月8日       メンバーズミーティング

     

    カテゴリ:- | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://hss.hiroshima-info.com/trackback/374
    トラックバック